フォト
無料ブログはココログ

リンク集

薔薇

2017年4月23日 (日)

薔薇が開花したよ

ジャクリーヌ・デュ・プレが開花20174231

20174232威勢よく一斉に薔薇が蕾を膨らませ始めている。開花する連休が楽しみだ。でも、(ノ_-。)2017423320174234庭は新緑が眩しい 

2017年4月22日 (土)

バラがまもなく開花する

我が家の薔薇の開花が間もなくだ!! だいぶ大きくなった蕾が開き始めている。2017422上手く撮れなかったが、ジャクリーヌ・デュ・プレも明日は開花する。
悩みのうどん粉病になりやすい薔薇の手入れも欠かせない
!!

昨日のゴルフ
昨日の無様なアイアンショットが頭から抜けない。何とも"くやしさ"だけがのこってしまっている。全員の成績表から、常連の皆さんのスコアが安定している。年齢は関係ない!!

2017年4月15日 (土)

新緑の葉がとても綺麗

新緑の薔薇の葉がとても綺麗だが、よくみるとやっぱり発生しているうどん粉病。20174152特定の薔薇だけがうどん粉病に弱いのだ (ノд・。)20174151何時もなら葉を切り落としていたが、今回薄めた薬剤を歯ブラシにつけて丁寧に一枚一枚落としてやってみた。さあ、どうなるかしばらく様子をみてみよう。
テラス屋根の下は風通し悪いのか(?) ならば混み合っているところを剪定し風通しを少しでもよくすることに。かなり蕾が膨らみだしているまもなく開花だ。

2017年1月22日 (日)

寒風の中薔薇の手入れ

今日は昨日のような陽射しはなく、厳しい寒風の中でやりました。20171221昨日の剪定でカイガラムシの大発生に気付く。幹、枝に固着して樹液を吸うこの虫に、カイガラムシ殺虫スプレーを吹き付け、歯ブラシを使ってゴシゴシと引き剥がす作業だ。ほぼ全部の薔薇に殺虫を兼ねて施した。
ここ何年か、蟻の大量発生と、このカイガラムシは関連するのだろうか(?)

大相撲初場所(○゜ε゜○)ノ~~
大関稀勢の里が初優勝。千秋楽に白鵬を下して14勝
日本出身横綱が19年ぶりに誕生する

2017年1月21日 (土)

薔薇の冬剪定やりました

冷たい風が吹くも陽が射していて庭仕事にはちょうど良い陽気だ。
朝からカミさんと冬の薔薇剪定をやった。枝剪定しながら病気の枝を刈り取り、古い幹は根元から切り取りとった。
20171211根元からシュートの出ない株は枝(幹)の更新ができず困ったもんだ。
でも、薔薇の数が大分減ってしまった。鉢が10鉢ほど余り、処分することに。
次回は殺菌殺虫剤散布と、土の入れ替えでもやろう

2016年7月17日 (日)

薔薇アーチの"ブラッシュランブラー"整理

曇り空の中時折陽が射したが、薔薇の花がら切り落としと庭掃除しながら、今日一番の大仕事は薔薇アーチに這わせた"ブラッシュランブラー"撤去と、"雅子"を鉢に上げる作業。いずれも株が大きく育って根が太く抜くのが大変な作業。久々にカミさんが手伝って早めに作業完了。
あまりに狭い庭に、多すぎた薔薇の数。
20167171終わってみれば随分とスッキリしたよ。このひと月で、10数株整理したかな。

2016年5月22日 (日)

つる性の薔薇が咲き乱れています

午前中の涼しい時間帯に花がら切りと、薔薇の活力剤を撒いたり庭仕事でのんびり過ごす。お昼は自家製餃子とビールをいただく。餃子が旨かったねぇ。そのま昼寝にはいり体を休める一日になった。

アーチに"ブラッシュランブラー"、オベリスクには"バレリーナ"が咲き乱れている
20165221_2 今年はジェーンオースティンが何とか綺麗な花を咲かせたくれて、とりあえずホッとしたが、株元からの新しい枝がない。古枝の途中から新しい枝が出ているだけなのが気がかり。このあと古い枝を切り落とし、新しい枝に入れ替えたいのだが、・・・・20165222
陽が落ちた庭を眺めるフウとチロ
20165223_2時々庭の流し台に水を飲みにくる外猫でも待っているのかな(?) うちらの縄張りに侵入者はいないか警戒中!!

2016年5月16日 (月)

薔薇が庭全体に咲き始めた

庭全体にバラが咲きだし、薔薇園のようになってきた。
薔薇アーチにも小輪ブラッシュランブラーが咲き始めた
20165160_4

20165161_5ブラッシュランブラー(Brush_Rambler)20165163_5バリエガタディボローニャ(Variegata di Bologna)20165164_2マダムフィガロ(Madame Figaro)20165165_5マダムブランティエ(Mme Plantier)20165166_3ボウベルズ (Bow Bells)

2016年5月15日 (日)

今日も庭仕事に精を出しています

昨日に続き、今日も庭の大改造作業。でも、カミさんにどなられながらの作業は気分が乗らないよ (# ゚Д゚) ムッカー
以前地植えにした金目柘植(2株)が大分大きくなって、球状に刈り込みたいが、狭い庭では難しく、鉢にあげて移動できるようにした。やはり痛めた腰は痛みが再発だ。持ち上げにくい大きさの鉢に土が一杯入って重かった!!

今朝も綺麗な葉のなかに、ジェーン・オースティンが顔をのぞかせている
20165150咲きはじめのジュード・ジ・オブスキュア(JJude the Obscure)20165151チャールズ・レニー・マッキントッシュ(Cahrles_Rennie_Mackintosh)20165152cat本当はフウとチロは仲良しなのか(?)
フウが右前足をチロの首にかけて顔をなめてやっている。
20165153

2016年5月11日 (水)

雨に打たれても頑張ってこれから咲く薔薇

昨夜からの強風と雨にもかかわらずこれから咲くものは傷みがなくホッとした(゚▽゚*)
ワイルドイブ(Wildeve) 清楚なイメージの薔薇 花頸が重さで垂れている
20165111_6アンリマルタン コケが付いたような蕾、モスローズという品種でつぼみにコケ(MOSS)のように腺毛がびっしり20165112_3 タモラ (Tamora) 病気知らずの丈夫な薔薇20165113_3バーガンディアイスバーグ(Burgundy Iceberg) ヒョロヒョロなのは、挿し木から生長したものをいただいて2年目とまだ若い20165114_3 

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30