フォト
無料ブログはココログ

リンク集

« イラガの幼虫の毒針毛で手がヒリヒリチクチク痛む | トップページ | 暑い日は酸っぱいのが美味しい ゴホッ!!(酢入れ過ぎだぜ) »

2017年7月20日 (木)

殺虫剤、殺菌剤混合散布

今の時季多数の害虫が薔薇に害を与えている。
エキカムシ、アオバハゴロモ、ハバチ、イラガの幼虫、カミキリムシの幼虫、カイガラムシ、シャクトリムシ、ツトガなど多くの害虫が目に付く。気になる虫ばかりだが、幹の中を食い荒らすカミキリムシの幼虫には特に気を付けないといけない。古くなったバラの根元は結構やられてしまっている。薬剤散布後の地面には結構死骸が落ちているのを確認済。

毎年悩みの種が黒星病、うどん粉病だが、なかなか対処できていない。落葉や病気にかかった葉を取り除いて細菌の感染を防ごうとするも、対処はそう簡単にはできずにいる。この時季葉が落ちてしまって枝ばかりの薔薇が気にかかる。

暑い陽射しを避けて朝に散布するも、薔薇の手入れは本当に大変。カミさんに言わせると俺に管理を任せて樹形がやぼったくなってしまったと手厳しい評価。

あれだけいたアリは、今はあまり見かけないがそのうち出没するだろう。
でも、アリの巣ころりは全然効かなかった。蟻が見向きもしないね。やはり即効の薬剤散布が一番だ。

« イラガの幼虫の毒針毛で手がヒリヒリチクチク痛む | トップページ | 暑い日は酸っぱいのが美味しい ゴホッ!!(酢入れ過ぎだぜ) »

薔薇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イラガの幼虫の毒針毛で手がヒリヒリチクチク痛む | トップページ | 暑い日は酸っぱいのが美味しい ゴホッ!!(酢入れ過ぎだぜ) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31