フォト
無料ブログはココログ

リンク集

« 人間ドックでの健康新基準が変更になるらしい | トップページ | ひっつきむしのチロ »

2015年9月16日 (水)

極北に暮らす大島育雄さんが元気なようだ

大学時代機械工学をたまに一緒に机を並べて聴講した大島さんが、イヌイットと共に43年極北のグリーンランドで伝統的な猟師をしながら元気に暮らしている (今日の読売夕刊に載っていた)2015916彼は私より1つ年上の68歳。グリーンランドの大自然に魅せられたのが理由らしいが、よくも極北に移住を決心したものだ。日大山岳部だったか、ワンダーフォーゲル部だったか覚えていないが、写真を見ると当時の面影が今も残っている。彼らしい生き方を選んだのだろう。
口の周りに血を滴らせながら少しすっぱい生肉を食べる。臭いがきつく気持ちが悪くてなかなか呑み込めなかった鳥肉(アッパリアス)を食べたりと、私らの想像を絶する食べ物には相当苦労したのだろうか。それでも5人の子供を育てあげた。今は温暖化で海氷がだんだん薄くなっていると嘆いている
                              記事: 極北の日本人(上) 

« 人間ドックでの健康新基準が変更になるらしい | トップページ | ひっつきむしのチロ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間ドックでの健康新基準が変更になるらしい | トップページ | ひっつきむしのチロ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31