フォト
無料ブログはココログ

リンク集

2017年6月25日 (日)

孫が空手の昇級試験合格!!

九州に暮らす孫が、今日空手の"昇級試験"を受けました。201762510何んとも可愛い試合だが、応援のお父さんお母さんの声が大きすぎだよ。
今日は昇級試験で試合ではないのに!!
送られてきたこのビデオは、とっても嬉しい1本でした (v^ー゜)ヤッタネ!!
20176255とっても勇ましいお兄ちゃんになりました。 昇級おめでとう🎊

2017年6月24日 (土)

とうとうホームフリーザー買い替えた

我家のホームフリーザーがH22年に「生産終了品」対象になってしまった。201762420_2凡そ10年以上は使用しただろう(?) 最近、全自動なのに庫内容器に白く霜が降りた状態だ。いくら扉をバタンと閉めても一向に改善しない。どうもパッキンがだめになったなようだ。ネットでそれなりのものを調べ、思い切って買い替えることに。
今日、新しいフリーザーが届いた。サイズは10cm以上背が高いのを承知で購入したので、DIYでキッチン棚を切断し、従来の場所に収めた。201762410でも、場所優先で棚の長さが3/4程に狭まってしまったのが残念だが、フリーザーの上に小物が置けるので我慢かな。切断した棚板の使い道を改めて考えようかねヽ(´▽`)/。

2017年6月23日 (金)

南高梅を塩漬け

今年も今週香りも色づきもよい南高梅が届いた。キッチンは芳醇な梅の香りが漂っている。追熟させて、今日の塩漬け作業を手伝った。201762305軽く水洗いしながら一つ一つなり口を取り、201762320水を拭き取り丁寧に壷に入れていく。201762340塩を振りながら(今年は3kg だけ)、最後に重石をのせれば作業完了。201762350来年は一人でやってっていわれている。

2017年6月22日 (木)

体内年齢は57歳です

毎晩体重計にのって気にするものは"体内年齢"。今日は57歳(普段は実年齢より10歳若い)と、大麦ごはんのお陰か体重が69kg以下になる傾向が安定してきている。何時も70kgを超える状態だったのに。
内科医に"痛風の疑い"と言われ注意している食事。晩酌も旅行から帰ってからは断っている。整形外科では外反母趾といわれ、気にしてなかった高脂血症、血糖値等々。
ここ暫く足の痛みは大分よい。さあ、このまま食事を気にかけ、8月の血液検査はどんな結果になるのかな(?)

人間ドックの案内が届いたけど、今年はどうするかな(?)

2017年6月21日 (水)

激辛だった~~ ラー油

ラー油に辛さのランクがあるとは知らなかった。
今回買ったのはYUKI(ユーキ)の「激辛ラー油」。201762110a
サンラータン風スープに2,3滴落としただけだが、ヒェー辛いよ!! 
ゴホッ、ゴホッΣ(゚д゚;)
ネギと生姜を軽く炒め青梗菜、キクラゲ、焼き豚と、今日はトマト(いつもは豆腐)、タケノコなどを入れる。スープと塩、醤油、黒酢で味付け最後にラー油を入れる。
すっぱくサッパリしていて、とても美味しい。
201762120 春雨を入れてもよいが、野菜でお腹一杯になるので、未だ入れたことがない。

» 続きを読む

2017年6月20日 (火)

今日は週一の出社日

在宅で仕事をしているので、今日は出社し仕掛作業の打ち合わせ。
やっぱり通勤の感覚が鈍ってきているのか、日本橋駅で下りるのが億劫になっている。
電車で長時間座っている為か、足がスムーズに運べない。朝のラッシュの先を急ぐ人の波に押され気味。こんなとき、後ろから押されてホームで転倒が怖いので急いで壁際を歩く。でも、俺ぐらいのシニアも結構いるねぇ~ そんな姿は職場の若い連中にはみせられない。さあ、今日も頑張っていこう。

2017年6月19日 (月)

今日のOB会ゴルフ スロープレーに参りました

ハーフに3.5時間を要しただろうか。前のグループがモタモタしている。右に左にボールが飛んだのか、ボールを探し回っているのかなかなかカートが動かない。4人の動きがとても遅い。いっそ打ち込んでやろうかと思うが、それは危険なこと。2時間15分+αなら我慢できるか、仲間のゴルフとはいえ、年を取ってもマナーは守ろうよ。(#゚Д゚)y-~~イライラ201761910< 会長のありがたいスタート前挨拶 今日も怪我のないようプレーして(o^-^o) >

そんなで、辺りの景色を眺めていると、あちらこちらでブルドーザ、パワーショベルが山を崩している。何の工事なのときけば、太陽光発電設置工事のようだ。館山市はどんどん変わっていくのだろうか。ゴルフ場にやたら増えた野生動物。住みかを追われているのだろうかね。

2017年6月18日 (日)

積重ね収納ボックスに6輪キャスター

積重ね収納ボックスに6輪キャスター付けて、日頃の出し入れの不満解消。市販のものは4輪固定か、4輪自在キャスターだ。それぞれ動きに一長一短ある。
そこでスーパーでよく見かける6輪台車を真似て作ってみたところ、市販の収納箱の出し入れの不満が解消し、超便利なものになった。
先ずは固定2輪、4輪を自在キャスターの計6個を購入。早速、木枠を作り6輪を取り付け。201761810このとき、中央固定2輪に厚紙を挟んで少し浮かせて前後4輪より高さを高く取付けることで、反転旋回時に舵が振られないようにする(厚紙程度では前後に生じるシーソー運動に気付かず)。201761820自在キャスター舵取り旋回も楽々201761830( ̄ー ̄)ニヤリ201761840_2早速、日頃出し入れに不満を持つカミさんに試してもらうとOKがでた。201761800_2収納箱の中身が重くなってもスムーズな出し入れ(移動)ができましたよ。

2017年6月17日 (土)

"大麦"も食べるようになった我が家のご飯

いつももち麦を入れてご飯を炊いているが、最近は大麦もプラス。
大麦はコレステロールの値を下げるというので食べるようになった。
大麦は米と一緒に炊かずに別に煮ておく。作り方はいたって簡単。
熱湯に入れて15分煮てザルに上げヌメリをとって、小分けにし冷凍する。
それを炊いたご飯に混ぜたり、スープに入れたり、サラダ、卵焼きに入れる。
パラパラしているので"サラダ"にはおすすめできない。
今日の夕食には塩麴に半日漬けたものを酒蒸ししたササミのマヨネーズ和え、八丁味噌の赤だしの味噌汁は最近復活だ。201761710_4
大麦は食べ方の工夫で、おいしく食べられます。

2017年6月16日 (金)

今年も公的年金から特別徴収の案内が届く

5月に固定資産税、自動車税を払い終えると、6月には65歳以上の対象者へ"公的年金からの特別徴収のご案内"が二通届く。発行元が一緒なら、二通に分けずまとめて一通にすればよいのにと思うのだが。市・県民税と国民年金保険税の徴収効率化とはいえ、取りはぐれがないのは役所側のはなしだ。201761610それにしても結構な金額を収めるのだなぁ~、改めて将来が不安になる。
そんなことを嘆いている矢先に国会中継を見て、こんな族に税金を使われいてると思うと、馬鹿らしくなるのは俺だけではあるまい。

2017年6月15日 (木)

自家製ソーセージでお昼ご飯

今日は自家製ソーセージでお昼。
味付けは塩と胡椒、生のパセリ(いつも冷凍してあるので手で揉むだけでみじんぎりになる)、ガーリックと決め手はクミンシード!! 俺がひき肉をこねてウインナ形状にしたのだが、何んと不揃い。ラップで包んで形を整えるでもなく丸めただけ。
カミさん曰く、太いと中まで火が通らないよ!! 
ちょっと径を落としてフライパンで炒める。
201761510味は"ウインナー"だが食感は"ハンバーグ"。
市販品は可成り粘着剤が使ってあるんだろうと思う。
201761520_2皮無し、添加物無しで安心して食べられる。しっかり肉の味が出てとてもおいしい安全なウインナーのお昼でした。それにしても不格好なウインナーだな!!
今度は生地をラップで包んで成形し、茹でてからソテーにしてみよう!!

2017年6月14日 (水)

我家の無花果 今年は豊作(?)

rainイチジク
例年、実がならず処分しようとした無花果の木だったが、昨年から実を沢山つけるようになった。今年は生育が良いのか背丈は2mを超えている。
201761410でも、これから梅雨の間にポロッと落ちてしまうのかちょっと不安です。201661425( ̄ー+ ̄)2017614206月に入り害虫のカミキリムシを既に2匹処分したけど、注意しないとやられてしまうかな!!

cat風太郎が大人しいなぁ
最近、寝てばかりで動かない。チロがチョッカイするも相手をしない。
201761440歳かねぇ~┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~201761450チロはやることもなく、虚ろで~す (u_u。)

 

2017年6月11日 (日)

ブルーベリーを初収穫

梅雨入りしたというのに、ここ数日梅雨入りを忘れてしまう天気。
旅行から戻って久々の庭の手入れで、良くなりかけた腰痛が再発してしまった。庭木の生長がとても速い時季。雑草もどんどん生えてくるので、手が抜けない。

今年もブルーベリーの実が大きくなって色づき始め、
201761120しっかり実がついて、今日70粒程を摘んだ。 201761110 木は3本あるのでこれから1月程かけて収穫し、孫に食べさせる自家製ジャム作りができそう。
山アジサイ、柏葉紫陽花が見頃となった。
201761130 

201761140ピラミッド紫陽花は暫く先のようだ。

2017年6月10日 (土)

いよいよイタリアも今晩が最後 明日はローマから成田へ

市民庭園ヴィッラコムナーレを散策しながらレストランへ、最後のディナー2017519105_2ミシュランガイド格付レストラン"Andreas Restanrant"でのディナー
地中海料理と肉料理にそれぞれ好み、赤白ワイン、ビールも好き好きに。
2017519110         店の門には2017 MICHELIN restaurant とある

最終日になったが、食事の合間に今回のメンバー全員の自己紹介を挟んで、賑やかなディナーに!! お二人が初参加 総勢18名 201752025

201752022

2017519120_2

2017519140_2

2017519133_3airplane翌朝カターニャ空港へ出発
途中、高速道を走っていると左手にはエトナ山が、最後まで我々を見送って追いかけてくるようだ。
201752020 アリタリア航空国内線を乗り継いで、ローマ空港から成田へ201752040カターニャ空港で搭乗手続きを終えて搭乗口へ201752030_2 少し時間があったので、シチリアモディカで古くから作られている溶けないチョコレートをお土産に購入する。201752055_2中がザラザラで噛み砕くとジャリッとする食感。カカオの苦みがあるチョコレートでした。初めての食感だがなれるとおいしいね201752050 12時間弱のフライト。機中泊で5月21日、大きなトラブルもなく全員帰国。
幹事ShojiさんYokoさん並びに、Yumiさんには大変お世話になりました。
(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

それにしてもG7サミットの警備に、いろいろ邪魔された旅になってしまいました。
201752000

2017年6月 9日 (金)

タオルミーナ(二泊)

いよいよ最後の旅先タオルミーナへ。丘を上がっていく201751911 駐車場から迎車でホテルへ、街中一方通行路をどう走ったかわからず。Hotel Monte Tauro この坂下にあるが、前回のホテルはまだ先だ。201751912_2今晩の夕飯はこのレストラン201751914_3ビールで乾杯!! でも、相変わらず食いしん坊は写真を撮り忘れ (/ー\*)201751920_2流しの楽団演奏にチップを奮発だ!!201751915 演奏は、・・・・
夜の散策は、サンジュゼッペ教会迄。明日は教会裏の灯りが灯るカステルモーラ村サンアントニオ広場迄バスで上がるのだ。
201751925ウンベルト通りは、観光客でにぎわっている201751930

201751934_2ホテルから、夜のイオニア海を望む201751935朝のイオニア海201751940タオルミーナ散策
街中を歩いてコルヴァイア宮(Plazzo Corvaja)建物内に飾らたマリオネット人形をみる。
201751948G7の警備があちらこちら201751950警備が物々しいメッシーナ門近くのバス停でカステロモーラ行のバスにのる201751960標高528mの山の上から360度のパノラマが楽しめる。山頂上からエトナ山が一望できるが、今日は雲に隠れてしまっている(ノ_-。) 201751962反対側は先程バスで上ってきた道201751964サンアントニオ広場よりさらに上にはカステルモーラ城塞の外壁が残っている。ここからは360度のパノラマが楽しめた。201751963

Shikaおじさんとツーショット(*´v゚*)ゞ(*´σー`)
2017519632 眼下に"タオルミーナ"の街並がみえる

201751965昨晩下から見上げた十字架は、マドンナデッラロッカ教会201751975ここから徒歩で下るか、間もなく来るバスで下りるか(?)
結局、二手に分かれて下で待ち合わせることにして石段の整備されたサリタ・カステッロを下ることに。\(;゚∇゚)/
201751966マドンナデッラロッカ教会 岩をくり抜いて建てられた礼拝堂だ201751970下りも結構足に堪えるなぁ~ 私が最後尾になってしまった201751943 waveロープウェーでマッツァーロ湾の海岸に降りて昼食だ201751980

201751985

201751990いよいよ最後の晩餐は、2017519110

2017年6月 8日 (木)

マルタからシチリアへ ~ラグーザ、カターニャ散策~

山谷なく平坦なマルタ共和国滞在、何処も似たような街並に散策場所の記憶が曖昧になってしまった。改めて後日、写真(日付)を頼りに整理しないといけない。゜゜(´□`。)°゜。 スリーシティーズ散策(?)思い出せない (;´д`)トホホ…201751810(´△`)Zzzz・・・。o○201751815_2今朝は午前3時半にホテルを発ち、5時の高速船フェリーでイタリアに戻り、残り2日間となった旅をシチリアで楽しく過ごすのだ。201751820夜明けを待つ中、うたた寝だ―201751822灯りが消されてしまった201751825(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ201751827地中海の日の出 朝日が眩しい ヽ(´▽`)/ポッツァーロ港からバスでラグーザ経由、タオルミーナに移動し二泊だ

★17世紀の大地震で破壊された街が再建された丘の上の都市ラグーザ
201751835_2     イブラ(左の下の町)とスペリオーレ(右の上の町)
とても清潔感のある街並、ゴミが落ちてない。途中で、果物を食べても種が捨てられない!!
201751845_2イブレオ庭園内のかわいい猫 何を狙っているのかな(?)201751800 イブレオ庭園内 手入れが行き届いていてとても綺麗
サン・ジュゼッペ教会の前
201751852この乗り物は(?) 電車バロッコ(Trenino Barocco)201751853気動車の真後ろは、排気ガスで参ったね。
アクセルを強く踏まないと坂は上れないからね
201751854狭い小路の街中を"電車バロッコ"でのんびり散策でーす201751855_2正直ホッとしたよ!! 坂の多い街を散策は"辛い"と感じていたので、この乗り物に感謝!!  幹事さんありがとう。いい選択でした!!

★カターニァCatania シチリア第二の都市の鮮魚市場Osteria Antica Marina
201751860

 

201751863(@Д@;201751865\(;゚∇゚)/201751868お昼はこの市場にあるレストランで201751867_2聖アガタ・カテドラーレ大聖堂前201751868a観光客でにぎやか。201751869いよいよタオルミーナへ G7サミット警備で大分混雑しているようだ 

2017年6月 6日 (火)

マルタ島散策(2)  ~Valletta~

ヴァレッタはオスマン帝国の大包囲戦に勝利した聖ヨハネ騎士団長によって造られた。要塞都市を散策にホテルからバスでシティゲート近く迄運んでもらう。
マルサイムシェットハーバー
Marsamxett Harbour201751711 バスを降りて、市街を歩いてまわる。201751740 (゚▽゚*) 赤色のバルコニー201751741_2(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪ いずこも同じ。小学生の社会科学習(見学)のようだ201751763 (*^.^*) 笑顔がかわいいベビー201751768a_2
ここは16世紀以降に建てられた建造物が多く残っている。昨日出かけたイムディーナ旧市街の曲がりくねった小路の街と大きく異なり、格子状の街区に区切られ、真っ直ぐな通りが画期的。

ローアー・バラッカ・ガーデンLower Barracca Gardenからのグランドハーバーの眺めがとても素晴らしい。
201751655聖アンジェロ砦201751670w(゚o゚)イタリアから大型船フェリーや帆船が停泊している。201751660(・∀・)イイ!201751765随分と歩いたが、ここでそろそろお昼にレストラン201751680_2(^-^; 食べ終わったら、自由行動です。201751781a_2(;;;´Д`)201751783a(;´▽`A``201751785a_2( ̄◆ ̄;)201751795aマルタ共和国にきて、どうまわって散策してきたか、時系列がわからなくなってしまった。 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。参りました

2017年6月 5日 (月)

マルタ散策(1-2)

漁村マルサシュロック ~"マルサ"は"港"の意~
マルタ島南にあるマルタ最大の漁港
波止場沿いにあるマルサシュロック教区教会
5017516238( ̄○ ̄;)! 教会内は礼拝中2017516259Marsazlokk Bay湾にはカラフルな小型のかわいいボート(Luzzu)がいっぱい浮かんでる。2017516211_2海岸通りMerchant Streetの広場には特産の蜂蜜、衣料品、菓子類など様々な屋台が店を広げている。早速、新鮮な魚が売りのレストランTartarunで食事(昼)となった。201751628_2新鮮な魚の料理を沢山いただく ヽ(´▽`)/2017516266(*゚▽゚)ノ2017516244Vuono! Vuono!が連発だ ヽ(´▽`)/2017516248Vuono!2017516252昼食の後は湾内をボートで巡り、海から陸地を眺める。2017516253(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ2017516249救命胴衣が必須だが、カメラを首にぶら下げていると邪魔だなぁ~2017516237

2017年6月 4日 (日)

マルタ島散策(1-1)

マルタ入国は夜遅く、迎えのバスでSLIMA端にある"Hotel Fortina spa Resort"へ。ここは首都VALETTAの北側の湾を挟んだ対岸になる。
翌朝、マルタ島南側にある岬突端岩壁の上から"青の洞門"Blue Grottoを臨む。穏やかな地中海ブルーが一望できる場所
201751611ここまで来たら小舟の遊覧船に乗らない選択はない。早速、洞窟巡りに。
船の発着場は急坂を下るが、上がってくるのは辛そうだよ。
洞窟入口はアーチ状に浸食されている。海水太陽光でコバルトブルーに。
201751615洞窟内を船の速度を落とし、ゆっくりと抜けていく。201751620やはりここでも海水は全く濁りがなく綺麗。美しさに興奮だ!!201751628 (゚m゚*)201751622ヽ(´▽`)/201751625急坂を上ってバスに戻るのだが、足が辛いねえ~\(;゚∇゚)/201751630 イムディーナ旧市街地散策
ここはヴァレッタが築かれる以前のマルタの首都、平野部の小高い丘の上
201751635 メインゲートの城門をくぐり街に入ると、201751640ここでも、観光馬車が闊歩する。201751648街中は馬車がきたら避けないといけない。狭くくねくねした小路が続く201751645市街地奥の城壁に上ると、201751649 周りを一望できる。  201751650
マルサシュロック(Marsaxlokk)
次に向かった先はマルタ島最大の漁港。特産の蜂蜜、衣料品、菓子類など様々な屋台が海岸広場に店を広げている。新鮮な魚が売りのレストランがありそこで昼食となる。

 

2017年6月 3日 (土)

シチリアからマルタ共和国へ、最終便の高速船で行く

イタリア本土を離れ、シチリア島経由マルタ共和国(マルタ島)へ移動だ。到着は今晩23時頃だ。トロペアを発って、20175151メッシーナ海峡をフェリーで渡る。20175155イタリア本土を離れ201751511間もなくシチリア島に201751513さあ、いよいよシチリア島上陸だ
シチリア島観光はマルタ島から戻ってから。今日は古代都市シラクーサの街へ。シチリアの南へA19⇒SS124を走ってシラク―サへ。旧市街にはバスが入れず、バス駐車場からPORT GRANDE港を眺めながら徒歩ではいる。
201751566シラク―サ市街地散策201751555馬車で市街地観光はどうですか(?)
restaurant今日のお昼は久々の日本食!! (ここの奥さんが日本人神奈川県出身)
201751517とても美味しくて、全員がご飯のお替り。おみそ汁もおいしかった。キャベツの塩漬けのお漬物付。メインは塩焼きと照り焼き。でも、食べるのが忙しくて写真撮るのも忘れてしまったよヽ(´▽`)/(笑)201751550アレトゥーザの泉(海の隣で真水が湧きでている)
だからパピルスが育つのだ!!
201751560パピルス製品を扱うお店で、紙つくりの説明201751565この市街には豪華なバロック様式の建物、円柱形の柱がどっしり感201751575 201751588

201751570201751525夕方ポッツァーロ港に到着。busマッシモさんとはここでお別れだ。
バスで最後迄我々を見送ってくれた!! Arrivederci! アリベデルチ!さようなら!
201751100さあ、乗船券と一緒にパスポートを提示し乗船。201751535

2017年6月 2日 (金)

トロペア(一泊)の夜

四つ星ホテルに到着したものの、部屋に入るとΣ( ゜Д゜)ハッ!(・_・)エッ....?
あとは言うまい。
一晩のホテルだ 我慢して今を楽しもう (ρ_;)201751470・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。201751475備付けエアコン、テレビが起動しない!! 風呂はシャワーだけ、狭過ぎて体が洗えない!! とてもアンティーク過ぎる部屋だけど何だか怖ーい!!201751470aホテルの前で何を話しているのだろう、きっと自分らの部屋のこと(?)

今日は日曜日、小さな街は観光客らで溢れかえってる。
201751492ここの名産はタマネギだ。今晩はどんな料理かな(?)201751496 市街地外れにいくと、地中海ブルーの綺麗な海と白亜のビーチ201751495 古い石造りの建物ばかりの旧市街。岩場の上には街の教会サンタ・マリア・デッレ・イーゾレがある。201751478街の外れの広場からみる古い石造りの建物は今にも崩れそうな雰囲気201751477w(゚o゚)w 地中海の日没も美しい201751473ライトアップされた街の教会サンタ・マリア・デッレ・イーゾレ201751474夕飯写真撮り忘れてしまった(!!)
でも、愉快なマッシモ(Massimo)さんがまた歌を披露。彼の独唱会 とても上手!! 生粋のイタリア人男性かな 皆を虜にしてしまう
!!  女性は注意しないとね 201751471そのままホテルまで持ち込みだ。彼が自慢の美声で歌い始めると~
ホテル側も明かりをつけてくれたよ。赤いボックスは彼自慢のwifiスピーカーだ
201751472オー・ソレ・ミオ'O sole mio(イタリア_ラブソング) 、サンタ・ルチアSanta Lucia(ナポリ民謡) を熱唱 今日の主役はイタリア人男性でしたヾ(;□;)э

さあ、明日はシチリア、マルタへ移動だ~

2017年6月 1日 (木)

アルベロベッロからトロベアへ大移動

アルベロベッロのホテルを出発だ。今日は東から西へ大移動だ201751421イオニア海沿岸E90を南下、途中睡魔に襲われ眠ってしまった ┐(´-`)┌201751422途中、トイレ休憩に立ち寄ったレストラン201751425ここで飲んだエスプレッソがとても美味かった。ここのコーヒーは有名らしい

restaurant美しいティレニア海ビーチに隣接したレストラン"Lido la Murena"
201751445ドライバーのマッシモさんが交渉し、お昼を頂けることに。何しろ大勢で予約なく飛び込んだ田舎のレストランだ。そりゃ慌てるよね。厨房でおばあさんと嫁さんが料理を作りはじめた(?) ・・・ 結果は皆さんにお薦めのお店でした!!201751446メニューを確認して料理をたのむYumiさん、マッシモさん201751428b新鮮な魚介類はとてもうまいヽ(´▽`)/Vuono Vuono!!201751428aヽ(´▽`)/201751428 (* ̄ー ̄*)201751429デサートに食べたアイスクリーム。甘さも丁度良い!!201751435日本人観光客が初めて立ち寄てくれたと大喜び。我々日本人を偉く気に入ったのか、家族総出で、一緒に記念写真を撮らしてほしいと。子供等も大喜び!!201751434スマホに夢中なおばあさん o(*^▽^*)o201751433みんなで記念写真camera きっと店内にでも飾るのかな(?)
"
めて店してくれた日本人"なんて添書きされてさ(?)201751480_2昼食後、レストラン前のビーチを解放してくれ、きれいな海を楽しむ!!201751448とってもきれいな地中海ブルーと白亜の砂浜です。201751481(幹事Shohjiさんに集合写真送ってもらいました)
ようやくトロペアのホテルに到着
 

201751469この後、トロペアの街散策と夕食だ

2017年5月31日 (水)

アルベロベッロ散策(2) ~チーズとワイン工場見学ツアー~

201751330taurusチーズ工場見学
"MASSERIA LA LUNGHIERA"有機農場で牛を育て、乳製品を作る工場。
2017513312顔付きがとても優しい牛。ストレスがかからない様に飼育しているそうだ。
一頭ずつ牛の体調をコンピュータで管理し、乳の出方も安定しているとか
201751333牛舎隣の分娩室。数日前に生まれた赤ちゃん牛
床いっぱいに敷かれた藁の上で寝転んでいる。
201751334運動場の牛たちもストレスがないのか、のんびりとゆったりした様子2017513335モッツァレラチーズの手作り紹介201751335熱いお湯で真赤になった手が痛そう。オーナーの奥さん、手作りチーズの女性職人は殆どみかけないとか (*゚▽゚)ノ 201751336併設レストランでチーズタップリのお昼201751337一人一個のモッツァレラ(ブッラ―タ)がとてもおいしい。 とっても贅沢!!
中からクリームがとろっと溢れ出るクリーミー。ルッコラの葉と一緒にいただく201751338        ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 smile

wineワイナリー見学
201751342ブドウ栽培の好適地、オーナー自慢のブドウ畑201751343発酵タンク⇒貯蔵、熟成⇒瓶詰へと進む 人懐こい看板猫が付きまとう。2017513nekoあっ、ブドウ畑に隠れた!!201751345_2  発酵タンク前を歩くのはShojiさんとKikuyoさん
この後、ゲストルームでここのワイン紹介と試飲が待っている。

2017年5月30日 (火)

アルベロベッロ散策(1)

マテーラ遺跡に入れず、土産に買った我家のマテーラを飾ってみたよ2017513mh1_4(*´σー`) 2017513my2_6busアルベロベッにロ到着した日は、イタリア自転車レースのゴール地になってて、後片付けが行われていた。そんなで町中はピンク色っぽい雰囲気が残っていた。夜はピンク色にライトアップされていた。やはりこの町並の色は白だよなぁ~201751313_2 翌朝、TRULLO SOVRANO"王者のトゥルリ"(二階建て)から新市街を歩き、201751311ラルゴマッテロツタ、土産物店の立ち並ぶモンティ地区を散策だ。201751315アルベロベロの青い空に飛行機がクロスした航跡、飛行機雲が十字架だ。
何んとも貴重な航跡を撮ることができた ( ^ω^ )
201751316住宅地で売られていたサクランボがとても美味しかった(*゚▽゚)ノ201751321

201751329モンティ地区は土産物店が多い ピンクの三角旗の飾りが残っている。201751322評判のオリーブオイル店"INTINI"(インティーニ)にも立ち寄ると、開店前。201751320a暫く待つと10時に店を開けてくれたよ201751722

2017年5月29日 (月)

アマルフィを発ってアルベロベッロへ~西から東へ半島横断~

今晩のディナーはアマルフィ海岸のレストラン。少し時間があったのでドゥオーモ前広場で時間をつぶす。2017512311ここはテレビで紹介されたVia Lorenzo di Amalfi通りのレモンチェッロの店。2017512312レストランシェフが裏の調理場で料理を準備中201751232Shojiさんがワインのテイスティング。味は地元の赤ワインだ2017512322生ハムと、・・・2017512323はじめて口にした名産レモンのリゾット サッパリしたお味2017512324お店を出る際、アミーゴとツーショット2017512325    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
酔い覚ましにと、ドゥオーモ裏にある秘密の廊下からアマルフィ海岸迄散歩。
この夜は海が荒れ海岸には波が打ち寄せ、しぶきがだいぶ上がっていた。 
201751233
bus 翌朝、いよいよ西から東へバスで半島横断だ!!
アマルフィを発って山越えし、暫く行くとサレルノ港を眼下に見下ろす。
201751230高速道路A3⇒A2⇒州道SS7⇒マテーラ⇒SS100⇒アルベロベッロへ向かう。
でも、バーリで開催中のG7サミット財務相会議、同伴する婦人のマテーラ遺跡ツアー警護で、現地に到着してもこの有様だ。観光地は封鎖だぜ!!
201751235┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~201751236多くの警備陣にマテーラ入口が封鎖され、下りていくことができない。軍隊、警官、消防員様々な警備陣だ!!201751237結局、上から見下ろせるとこで眺めるだけでした \(;゚∇゚)/201751238_2マテーラでてアルベロベッロへ向かうSS100でも道路規制で大渋滞。
ホテルに着いたのは19時過ぎとなってしまった。。┐(´д`)┌ヤレヤレ

2017年5月28日 (日)

アマルフィ(2)

ホテルのテラスから撮った夜明け前の"ティレニア海(アマルフィ海岸)"
201751111l_8
東側 この日の夕方 階下テラスでShojiさん、Shujiさんらがいれてくれた珈琲をいただきながら、のんびりと時間を過ごす。201751111r_6西側 眼下にはホテルのレモン畑が広がつている。 
朝食後、ホテルシャトルバスで海岸広場Piazza F Gioia迄下る。
今回は海から"エメラルドの洞窟"にアクセスする。このボートで出発だ
201751112宿泊している丘上のExcelsiorホテル全景。建物右側に展望テラス(朝食した場所)201751113_2イタリアの大女優"ソフィア・ローレンの別荘"
海からアクセスし、専用ケーブルで上がれる  (。・ω・)ノ゙
201751116_2洞窟入口桟橋にもうすぐ接岸する(四角く見えるところ)2017511165前回は、丘の上にみえる併設エレベータを使って下りた。
洞窟内の海水が小舟を漕ぐ船頭のオールで水を叩くと水しぶきが光る
201751114bアマルフィ海岸の船着場 2017511152_2

201751115_2

 bus洞窟の次はバスでラヴェッロへ~ 

201751118_6

2017511182_3Amalfi⇔Ravello間を往復するオープンバス

ヴィラ・ルーフォロ"Villa Rufolo"
アマルフィ海岸の絶景を見下ろすことができる美しい庭園
201751119ムーア人の回廊2017511192このVilla散策の後、昼を食べアマルフィ海岸へ戻りドゥオーモ前Via Lorenzo di Amalfiを散策。夕飯はドゥオーモ前広場にあるレストランをリザーブしホテルへ戻る。

2017年5月27日 (土)

アマルフィ(1) ~ポジターノ~

201751020_3さあ、前回ビーチ迄下りなかったポジターノの町。道が狭く街中は一方通行、移動中の観光バスで行けず、マイクロバスに乗り換えて下りるのだ。イタリアはどこでもそうだが、居住者の車が道路を占拠している。

2017510201★五つ星のホテル 華やかなリゾート地だ
 
pencil水彩画家のJunkoさん (o^-^o)
いつもスケッチを欠かさず描き続けている。町を見下ろす丘で車を止めて写真撮り
201751022町の入り口で野菜、果物を売るこのおじさんはポジターノでは有名だとか。
結構サービスしてくれ、とても美味しい果物を頂く。o(*^▽^*)o 
201751023グラッツェ~ かみさんらと ハイ・ポーズ (・∀・)201751024バスを降り海岸まで狭い急坂ムリーニ通りを下る。201751026ここはポジターノファッション(白いふわっとしたドレス)が有名2017510262

201751028ビーチ、マリーナグランデ前のレストラン"BUCA DI BACCO"で昼食だ201751027アマルフィ迄あとちょっと。宿泊するホテル"Excelsior"へ
ホテルロビー、ホールや部屋はマヨルカ焼のタイルが敷き詰められて、気分は上々だ。
201751029

2017年5月26日 (金)

ナポリ三泊の後、アマルフィへ移動

カプリ島からナポリへ戻って夕食迄、街中を散策する。
ウンベルト1世のガッレリアへ
20175101_2通路床の芸術品20175102いかにも混沌とした街中は狭い道が多いナポリ旧市街201751041959年創業のミラノコーヒー店"GAMBRINUS"に立ち寄り、カプチーノを頂く。20175105サンタルチア通り迄散策しながら、大型客船の大きさに改めて驚嘆だ!!20175103夕食は本場のおいしいピッツァを頂く。

翌朝ナポリを出発し、エルコラーノへ(ポンペイ同様火山噴火で埋められたが、木材の梁や柱が残っている遺跡だ)
20175109ポンペイ遺跡でみた道路のつくりと違って、中央に跳び石がなく平なのだ。20175108道路下には下水溝が既に存在し水道(鉛)管も残っていて、インフラもだいぶ進んだ文化を想像させられる。20175106この遺跡には木製の炭化した梁や柱も残っている。20175107
さあ、次はポジターノ(昼食)経由、次の宿泊地アマルフィへ~

2017年5月25日 (木)

ナポリ(3) ~カプリ島~

早起きは三文の徳 〈この日カミさんは頭痛酷くホテルで過ごす (/□≦、) 〉
"ナポリの夜明け前" ヴェスーヴィビオ火山が魅せる美しいナポリ ヽ(´▽`)/
20175810_2(早朝、ホテルの部屋から撮る)
高速船でカプリ島へ。港を出港前から波が高く"青の洞窟"へはアクセスできないとのアナウンス。でも、私としては8年前の感動はないと感じていたので失望せず。むしろ代わりにボートでの"カプリ島周遊"がそれ以上の喜び ヽ(´▽`)/
2017592_2貸し切りボートでカプリ島周遊(島の裏側迄)へ2017593"青の洞窟"の海の色と同じだぜ!! 洞窟内よりもずっと良いではないか!!2017594空の青さと、海の碧さに感動だ。何とも素晴らしい風景だ (v^ー゜)ヤッタネ!!  石灰岩でできた島に水の濁りは起こらないのだ!!2017596天然のアーチをくぐり、自然豊かなカプリ島に改めて感動だ!! 2017597ボートを降りてケーブルカーでカプリ地区ウンベルト1世広場へ。
サンジャコモ修道院から見下ろす穏やかな地中海は素晴らしい
2017598ウンベルト1世広場からの眺め ヽ(´▽`)/2017599_2

2017年5月24日 (水)

ナポリ(2)

宮殿内のプレゼービオ展示は、18世紀庶民生活が想像できる。20175815ナポリへ戻りヌオーボ城近くのレストランで昼食後、サンタキアーラ教会へ20175812美味しい魚介類のパスタとフリットを頂く ヽ(´▽`)/201758122教会内のクラリッセのキオストロはマヨルカ焼のタイルで彩られた装飾がとても驚きだ20175818

20175817さあ、明日は高速船でカプリ島へ~

«ナポリ(1)

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30